HOW TO
[ 2014.06.11 ]

クラウドファンディングとSNSの相性とは?SNSの発信力&特性まとめ(1)


45081202_30W

クラウドファンディングにプロジェクトを投稿するにあたり、友人・知人の協力が不可欠であることはいくつかの記事ですでにご紹介しました。

ShootingStar担当者直伝!クラウドファンディング成功の王道ルートとは?
http://blog.shootingstar.jp/224

開始1週間が成功のカギ!仲間5人を集めて夢の実現に駆け出そう
http://blog.shootingstar.jp/329

とは言うものの、全く知らない人の支援も得られなければ、目標金額に到達することは難しいでしょう。多くの人に知ってもらい、最終的に支援を受けるためには、SNS上での情報発信が大きな力となります。

SNS上で発信すれば、支援を得られるかどうかを差し引いても、プロジェクトのPR活動には確実につながります。

そのためにはまず、それぞれのSNSの特性について知っておくことが必要です。今回はShootingStarで目標金額に達成した成功プロジェクトをもとに、クラウドファンディングにおいてSNSをどのように利用していけばいいか、2編に分けてご説明していきます。

ShootingStar内のソーシャルボタンまとめ

ShootingStarのプロジェクトページには、5つのソーシャルボタンが設置されています。

左カラムにある

スクリーンショット 2014-05-21 16.58.45

・Facebookいいね!
・Google+
・mixiいいね

と、スライドされていくプロジェクト画像の下にある

スクリーンショット 2014-05-21 17.03.46

・Facebookでシェアする
・Twitterでシェアする

の5箇所で、4種類のSNSで発信できるようになっています。
まずはFacebook、Google+、mixi、Twitterそれぞれの特性を捉えましょう。

Twitter

22

Twitterは、リアルタイムな情報をキャッチするのにとても有用なSNSです。実際の友人関係を越えて、興味・感心で「ゆるくつながる」オープン型であることから、共感を呼ぶ情報はあっという間に広がっていきます。拡散能力に長けている反面、次々と情報がタイムラインに流れては去っていくため、情報をストックするには向いていません。

Facebookとmixi

1189388090_1382934973 mixi2
リアルタイム性があるだけでなく、比較的クローズドで、信頼のおける情報をストックすることもできます。「シェアする」「いいね!を押す」ことで、タイムラインを共有している友人には確実にリーチできるのが魅力的です。

一方、「どんな人がいいねしたか」「どこまで広がったか」のすべてを可視化することはできないという特徴があります。

Google+

Googleplus-banner

Google+は、リアルタイム性はもちろんのこと、自由に「サークル」を追加できることから、その意味ではTwitterに似た性質を持っています。ですが、誰にどの情報を公開するかを設定することもでき、Facebookやmixiのような伝わり方も期待できます。

情報の拡散を調べる検索に強く、Twitter・Facebook・mixiの要素をすべて兼ね揃えているサービスといえるでしょう。

肝となるのは、TwitterとFacebook

今後数年で状況は大きく変わっていくことが予想されますが、今日のWEB業界では、SNS拡散のほとんどがTwitter・Facebookを指標にはかられています。では、TwitterとFacebookにおける拡散状況はどのように把握すれば良いのでしょうか。

Twitterの反応を見られる「Komepon!」「TOPSY」

Komepon! – http://komepon.net/
TOPSY – http://topsy.com/

Twitterの反応を、URLを入力するだけでチェックできるサービスを2つご紹介しましょう。「Komepon!」はTwitterだけでなくはてなブックマークの反応も見られる他、非公式RTのコメントを分かりやすく読むことが出来ます。

「TOPSY」は影響力の高いアカウントにツイートされてるかが一目で把握でき、何年も前のツイートまでも掘り起こしてくれます。それぞれを使って、ほかの類似プロジェクトの反応を研究してみると良いかもしれません。

Facebookいいね!の具体的な拡散状況は把握出来ない

残念ながら、プロジェクトページのFacebookいいね!の拡散状況をすべて把握できるサービスはありません。ですが、いいね!の効果は絶大です。

スクリーンショット 2014-05-21 16.14.19


画像にある通り、いいね!を押すと、小さな窓が出てきます。ここにコメントを書いてボタンを押してみましょう。

スクリーンショット 2014-05-21 16.14.36

するとこのように、大きく自分のタイムラインに表示されます。いいね!をしたユーザーが多ければ多いほど、多くの人に届けることが出来ます。

SNSサービスそれぞれの特性を掴めたでしょうか?次回はクラウドファンディングにおけるSNS拡散の実態をご紹介していきます。



WRITER この記事を書いた人
高原 千晴
WRITTEN BY
高原 千晴
2013年、クラウドファンディングで日本一周の旅を敢行。あなたのやりたい気持ちを後押しするため、クラウドファンディングの普及に努めています。
このページのTOPへ