HOW TO
[ 2014.05.15 ]

いいね1000以上の記事に学ぶ、シェアを誘うタイトル5つのテクニック


45001607_30W

「タイトル8割」という言葉があります。これは、記事タイトルの出来・不出来でその記事が読まれるかどうかが決まってしまう、ということです。いくら内容にこだわっていても、記事自体が読まれなければ意味はありません。

せっかく中身がおもしろい記事なのに、「残念な記事タイトル」であるがために、PV数が伸びなかった記事が世の中にはたくさんあります。逆に、内容はそれほど…という記事でも、タイトルが良かったためにPV数が伸びる記事もあるのです。

タイトルの重要性を理解していただいたところで、多くの人にシェアされたlifehackerの記事を参考に、シェアされやすいタイトルの付け方を考えてみましょう。どのノウハウも、クラウドファンディングのプロジェクトのタイトルにも応用できるものばかりです。

lifehacker – ライフハッカー [日本版]

いいね!1000回を超えた記事タイトルの例

40507359_35Y

1.いかに有意義な記事であるかを明示する

読者は「読むことに意味・価値のある記事」を求めています。読者にクリックしてもらうためにも、タイトルに有意義さをアピールできる言葉をちりばめましょう。例えば以下の記事はいかがでしょうか?

朝と晩につぶやくだけでOK!? 脳をだまして疲れ知らずになる2つの言葉

この記事の場合は、「朝と晩につぶやくだけ」という手軽さをタイトルの前の方にもってきています。タイトル後半でも「疲れ知らず」という言葉を出すことで、有意義な記事であることをアピールしています。


2.「お得感」を書いてアピールする

上の項に通じるところもありますが、読者は記事を読んで受け取ったメリットを友達・フォロワーに共有したいという気持ちがあります。そのため、タイトルの段階で「お得感」を盛り込むようにしましょう。

やせたかったら腹筋より「スクワット」をすべし!

この記事の場合は「痩せる」ということに対してストレートな「答え」をタイトルに盛り込んでしまっています。そうすることで、読者にFacebookなどのSNSで共有してもらうことができました。場合によっては、この記事のように答えをタイトルに明示してしまうという方法もあるのです


3.興味を引くようなキーワードを書いてアピールする

タイトルにはキーワードをちりばめましょう。サービスの価格や有名人・アニメの名前、特定の地域名などを盛り込むと、読者の興味を誘いやすいです

誰でも1分でオンラインショップを開店できる!? ソーシャルフリマ「Whytelist」

この記事の場合は、「誰でも」「1分」でオンラインショップを開店できる、というところがポイント。誰でも、というキーワードで読者の間口を広げています。また、1分という具体的な数値をタイトルに盛り込むことで、読者の興味を醸成しています。


4.想定サポーターに意識的にアピールする

タイトルには、サポーターになってくれそうな読者に向けた言葉を盛り込みましょう。あらかじめ特定の読者に呼びかける形のタイトルにすれば、想定しているサポーター層にリーチしやすいです

ノマドワーカーがクールだなんて幻想だ! というお話

この記事の場合は、ノマドワーキングに興味のある方を想定しています。シェアされやすいタイトルにすることで、より多くのサポーターからの支持を獲得しましょう。


釣りタイトルにならないように!

40890518_35W
人の目をひこうとするあまり、記事内容と乖離するようなタイトル(いわゆる釣りタイトル)を付けてしまわないようにしましょう。釣りタイトルを付けてしまうと、読者のページ離脱率を増加させてしまうだけでなく、プロジェクトオーナーの信頼を損なう可能性があります。


釣りタイトルの例

ついに蘇った! iOS 5時代のマップが無料でダウンロードできます

この記事の場合は、実際はApple公式の地図アプリではないものを紹介しているのですが、タイトルではあたかも「iOS5のマップが無料でダウンロードできる」かのような誤解を与えてしまうものになっています。このような「釣りタイトル」の罠に陥ってしまわないようにしましょう。

今回はタイトル付けのテクニックを紹介しました。上で紹介した記事はタイトルだけではなく、タイトルに負けないくらい内容も伴っているものばかりです。タイトルと中身の両輪で文章を作る必要がある、ということを忘れないようにしましょう。



WRITER この記事を書いた人
安齋慎平
WRITTEN BY
安齋慎平
ブロガー・ライター・編集者。 テック系ライターからスタートし、 現在は時事ネタ、エンタメ、IT系ニュースなどを担当する。 大学時代に永平寺に座禅の修行に行ったり、 土日休みを利用して沖縄に旅行に行ったりと、無駄にフットワークが軽い。
このページのTOPへ