COLUMN
[ 2014.05.07 ]

Instagram発!ペット×クラウドファンディングの新たな可能性とは?


1403_instagram_gift_0

Instagram(インスタグラム)とは、写真共有をメインにしたSNS。
有名人や自分の友人をフォローするだけでなく、好みの写真をあげるユーザーを見つけることも楽しみのひとつです。

特に人気があるのは、可愛らしいペットの写真。
ペットの写真をアップすれば、たちまち世界中からLIKEが数百・数千も…そんなカリスマ的ペット写真家がInstagramには大勢います。

そんなペット写真がInstagramを飛び出し、クラウドファンディングにつながった事例があるのをご存知でしょうか?
今回はいくつかのペット×クラウドファンディングの事例をもとに、新たな可能性を模索していきます。

クラウドファンディングを使って何か企画してみたい…と考えているペット愛好家の方、ぜひ参考にしてみてください。

Instagramでファンを獲得、クラウドファンディングで実現させよう

1403_instagram_gift_4
「ペットの写真集を出したい」「ペットモデルにしたい」
そう考えるペット愛好家の方も多いと思います。
しかしながら、企業から声を掛けられるチャンスはなかなかありません。
自費出版をするにしても、費用がかかったり、流通ルートがなかったりと、世の中に発信するのは容易くないでしょう。

まずはあなたのペットを愛する気持ちを、Instagramにぶつけてみてはいかがでしょうか。
そしてファンを獲得し、拡散能力が備わったところで、クラウドファンディングに投稿してみましょう。
フォロワーの皆さんが、応援してくれるかもしれません。

以下、Instagramのペット写真家・写真集を例に挙げますので、参考にしてくださいね。

Instagramのハッシュタグから生まれた愛犬写真集

1403_instagram_gift_1
#ifuckinglovemydog, the book
https://www.kickstarter.com/projects/1878327519/ifuckinglovemydog-the-book

サンフランシスコに住むひとりの女性が、愛犬の写真をInstagramにアップする際、「#ifuckinglovemydog(私の犬が可愛すぎる)」というハッシュタグをつけ始めました。
このハッシュタグは瞬く間に広がり、各地から可愛らしいワンちゃんの写真が集まったのです。

女性は「これを集めて写真集にしよう!」と、クラウドファンディングに投稿することを決意。
ギフトには、写真集、支援者名のクレジット、プロジェクト発起人のInstagramで感謝の気持ちを叫ぶ、などが設定されました。
5,460ドル(日本円で約55万円)を集め、プロジェクトは成功!
Instagram発、ペット×クラウドファンディングを実現させた貴重な例です。

舞香さん

http://instagram.com/maika_kikitoyjiji
http://ameblo.jp/keep-smiling-maika/

インスタグラムのフォロワー数が約9,000人もいる舞花さん。
キキ(母)、トイ(父)、ジジ(息子)。チワワ家族の日常をアップしています。

ハリネズミのダーシー

1403_instagram_darcy_250

ハリネズミのダーシー Darcy the Flying Hedgehog:青玄舎

http://www.seigensha.com/newbook/2013/12/16185654

Instagramで15万人のフォロワーを持つアカウント「@darcytheflyinghedgehog」。
世界中からLIKEとコメントが寄せられる人気者、「ハリネズミのダーシー」が写真集になりました。

ペット×クラウドファンディングの可能性は無限大!

最後にアメリカ大手クラウドファンディング「Kickstarter」で成功した、ペット関連のプロジェクトをご紹介します。
「どんな企画が支持されるんだろう」「自分だったらこんなプロジェクトにしてみたい…」という、発想の源にしてくださいね。

レスキュー犬カレンダー

1403_instagram_gift_2 Rescued Heroes Calendar-The Art/Stories of Therapy Dogs
https://www.kickstarter.com/projects/1529004775/rescued-heroes-calendar-the-art-stories-of-therapy

救助犬・介助犬・セラピー犬などの「ヒーロー犬」を集め、ストーリーを添えてカレンダーにしよう!というプロジェクトです。
ギフトには、実際のカレンダーやポストカードの送付、ウェブサイトに名前クレジットを掲載、などが設定されています。
レスキュー犬に限らず、他のテーマでも面白そうですね。

ドレスアップしたネコのカレンダー

1403_instagram_gift_3 United Bamboo 2013 Cat Calendar
https://www.kickstarter.com/projects/508048920/united-bamboo-2013-cat-calendar

猫×ファッションをコンセプトにした、こちらもカレンダー制作プロジェクト。
ドレスアップしたネコの写真がメインに使われています。

Vネックセーターのアイビーファッション、都会のジャングルに馴染む洒落たパーカー、マリンルックでクルージング…などなど、おしゃれなネコがたくさん。
ギフトには実際のカレンダーに加え、ポスターやマグネットなどのオリジナルグッズが設定されています。
手作りのペット用ウェアやアクセサリーは、プロジェクトに上手く昇華できそうですね。
ギフトとしても、企画の題材としても面白そうです。

発想を自由に広げて、プロジェクトを考えてみよう

1403_instagram_gift_5
日々ペットの写真を撮っている、ペット愛好家の皆さま。
Instagramで発信したりクラウドファンディングで企画を立てたりすると、グッと楽しみ方が広がるのではないでしょうか。
もし珍しいペットを飼っている方であれば、写真集やモデルだけでなく、同じペットを飼っている仲間を集めるイベントでも盛り上がりそうです。

プロジェクト成功のノウハウは、ShootingStarブログでどんどん紹介しているので、チェックしてみてくださいね。



WRITER この記事を書いた人
北野 啓太郎
WRITTEN BY
北野 啓太郎
音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在フリーランスとしてライター、映像編集などを行う。過去の経験を活かし、プロジェクト立案のコツ、成功者へのインタビューをおこなっていきたい。
このページのTOPへ