HOW TO
[ 2014.04.24 ]

クラウドファンディングでウェブサイトの制作費用を集めるときに知っておきたい制作会社まとめ


45120771_30W

クラウドファンディングでプロジェクトを企画する際に欠かせないのが、支援を呼びかけるために用意するウェブサイト。もしくは、メディアサイトやECサイトを立ち上げるための資金をクラウドファンディングを活用して集めようとするケースもあるでしょう。

でも、ウェブサイトの制作に一体どれくらいの資金が必要なのか、見当がつかないという方も多いのではないでしょうか。ここでメドがつかないと、プロジェクトの目標金額を設定することすらままなりません。

結論から言ってしまうと、ウェブサイトの制作の費用は実現したい内容によってさまざまです。一概には言えないからこそ、自分たちの要望を制作会社に相談し、詳細な見積もりを出してもらうことが第一歩になります。

そこで今回は、技術やセンスに優れ、かつ実績と定評のあるウェブ制作会社をその特色ごとにまとめました。みなさんが制作を依頼したいのがどんなサイトであれ、プロジェクトのスタート前に何らかのヒントをくれるでしょう。

ウェブサイト制作に関する相談や見積もり依頼は各社とも無料で対応してくれるので、これだと思った制作会社に問い合わせをしてみてください。

ウェブサイトの制作費用を集めるときに知っておきたい制作会社5選

■ 株式会社 ロフトワーク

株式会社ロフトワーク
http://www.loftwork.jp/

渋谷区道玄坂に本拠地を置く、デジタルコンテンツを中心とした制作会社。
数々の官公庁や大企業、医療機関のウェブサイトを制作した実績があるため、
特に公的なサービスを運営したい場合におすすめです。

数年の間にたくさんの会社が出来上がっては消えるウェブ制作業界において、2000年の創業以来、最前線を走り続けています。
歴史があるだけでなく、3Dプリンターやレーザーカッターなどのデジタル工作機械を設置したものづくり空間『FabCafe』の運営をするなど、刻々と進化するテクノロジーを掴み続けているところが魅力的ですね。

制作実績はこちら
http://www.loftwork.jp/case.aspx

問い合わせ窓口はこちら
https://www.loftwork.jp/spform/web_inquiry.html

■ FICC inc.

FICC
https://www.ficc.jp

KIRINやLiptonなどの大企業の商品やキャンペーンを多数手がける、ウェブ制作と広告のプロフェッショナル。特色はマーケティングリサーチからサイト運用までを、ワンストップで提供してくれることです。

2004年の創業から豊富な経験を積んだ専門家が担当してくれるため、プランニングからオペレーションまでを一括して依頼したい場合には、こちらの制作会社を検討してみてはいかがでしょうか。

制作事例はこちら
https://www.ficc.jp/works/

問い合わせ窓口はこちら
https://www.ficc.jp/contact/

■ IMG SRC Group

IMG SRC Group
http://www.imgsrc.co.jp/

IMG SRC Group(イメージソース・グループ)は、カンヌ国際広告祭や文化庁メディア芸術祭などで数々の賞を受賞している指折りの制作会社。1998年の創業から、最先端のデザインとテクノロジーのコラボレーションを創造し続けています。

これまでに『LOUIS VOUITTON』のエキシビジョンの映像制作や、ユニクロ初のWEBマガジンなどを制作した実績があるため、デザイン性の高いウェブサイトを制作したい場合は最適な選択肢になるはずです。

制作実績はこちら
http://www.imgsrc.co.jp/work/

問い合わせ窓口はこちら
http://www.imgsrc.co.jp/contact/

■ 株式会社 AVALANCHE

株式会社アバランチ   AVALANCHE LTD.   THE COMPANY
http://www.avalanche.co.jp/

クリエイティブに留まらず、「サッポロビール黒ラベル」や「日清カップヌードル」など、企業タイアップによるコラボレーション企画を手がけ、全方位的な「広告」を得意とするウェブ制作会社です。

ロゴマーク、カタログ、ポスター、封筒や名刺に至るまで、自分のブランドをひとつのイメージとして発信したい場合、トータルな提案を受けられます。

制作実績はこちら
http://www.avalanche.co.jp/

問い合わせ窓口はこちら
http://www.avalanche.co.jp/contact.php

■ 株式会社 LIG

台東区でウェブ制作なら 株式会社LIG  リグ
http://liginc.co.jp/

「わくわくをつくり、みんなを笑顔にする。」ことを企業理念に、ユニークなコンテンツを発信する台東区のウェブ制作会社です。ネット上でおもしろ系の企画が注目されがちですが、実はさまざまなウェブサイトを制作しています。

ブランディングサイトやメディアサイトなど、きちんと整ったものからエッジの効いたものまで幅広く対応できるバランスの良さが特徴です。制作と同時におもしろ系の企画も請け負ってくれるので、方向性に迷ったときはこちらに相談してみてはいかがでしょうか。

制作実績はこちら
http://liginc.co.jp/works

問い合わせ窓口はこちら
http://liginc.co.jp/contact/

■ 面白法人カヤック

面白法人カヤック
http://www.kayac.com/

「面白法人」を自称し、どれだけバズる(=主にSNS上で話題になる)かでストイックな勝負をするウェブ制作会社です。正確な物差しがなく、当たり外れもあるウェブ業界で、さまざまなおもしろ企画をリリースしています。

ゲームやアプリの制作もしているため、今話題の「ソーシャルゲーム」を開発したい場合に相談してみると良いでしょう。
また短納期の案件を得意としており、「急いでプロジェクトを立ち上げたい」「プロジェクトをとにかくバズらせたい」などの要望に応えてくれるのも魅力です。

■ 株式会社 LogicLogic

ロジックロジック
http://www.logiclogic.jp/

携帯サイトビジネスのスタートアップ、運用など、モバイルソリューション事業に実績のあるウェブ制作会社です。

スマホアプリの開発経験も豊富であり、エンタメ、メッセージ、ECカタログなど、バリエーションが豊富で、要望に合わせた高品質なアプリを制作してくれることでしょう。

制作実績はこちら
http://www.logiclogic.jp/works/

問い合わせ窓口はこちら
https://www.logiclogic.jp/inquiry/

まとめ

いかがでしたか?クラウドファンディングにウェブサイトが必要になるケースは多数ありますが、そこはまずプロフェッショナルの意見を聞き、自分たちの作りたいサイトについてアドバイスを求めましょう。

今回ご紹介したのは、サイトの目的がPRでも、メディアやECサイトの立ち上げでも、信頼できる制作会社ばかりです。まずはぜひ、その実績を直接見て、ピンと来た会社に気軽に相談してみてください。きっと道が開けるはずです。



WRITER この記事を書いた人
朽木 誠一郎
WRITTEN BY
朽木 誠一郎
医学部を卒業したのにメディアの編集をしています。個人としてライター活動も継続中。
このページのTOPへ