HOW TO
[ 2014.04.11 ]

開始1週間が成功のカギ!仲間5人を集めて夢の実現に駆け出そう


462608525

ShootingStarのデータでは、開始1週間で目標金額30%を超えたプロジェクトのすべてが目標を達成しています。
ということは、目標達成のためには「開始1週間でいかに目標金額の30%を超えるか」ということを全力で考える必要があると言えます。

今回は、1週間で目標金額30%を超えるコツをご紹介します。
押さえておきたい重要ポイントは、プロジェクトが公開される「前」。
入念な準備がスタート時の勢いとなり、1週間で30%達成へ向けて走り出すのです。

本記事では、プロジェクトの『公開前』と『公開最初の1週間』に、ぜひやっておきたい事を紹介します。

【公開前 STEP1】友だち10人にヒアリング!第三者の意見を聞いてブラッシュアップ

Couple Having Relationship Counselling
 

はじめに、あなたが考えたプロジェクトをしっかりと見直します。

ありがちな間違いは「他人が300万円を集めて達成したプロジェクトをそっくりそのまま真似すれば、ただ待っているだけで自分も同じ金額くらい集まるのでは」と考えてしまうことです。

絶対にこのアイデアを実行するんだ!という気持ちで、自分自身のプロジェクトにアイデアとギフトを盛り込んで下さい。

そしてここからが重要です。
完成したプロジェクト案は、必ず友達など周りの人に見せて評価してもらいましょう。

一人だけではなく、最低10人以上には聞いてください。数名で議論してもらうのも良いでしょう。それにより、あなたの価値観と外からの価値観の『ズレ』が確認できます。他人を巻き込んで意見を聞くことで、より幅広い人から支持してもらえるプロジェクトとして、ブラッシュアップする事ができます。

【公開前 STEP2】開始直後に応援してくれる仲間を5人集めよう!

あなたのプロジェクトに共感し、意見をくれた友達には、「開始直後のサポーターになって欲しい」とお願いしましょう。
「同じプロジェクトのチームメンバー」という意識を持ってもらえるように丁寧にプロジェクトを説明し、情熱を伝えましょう。

映画「オーシャンズ11」のように、それぞれ特技をもったチームを結成し、みんなで達成を目指すというやり方が非常に有効です。

プロジェクトリーダーはもちろんあなた。そしてプロジェクトに共感してくれた友達のうち、その業界の特徴を知っていたり、人脈を持っている人、ソーシャルツールを活用したり、マスメディアへのPRに強い人、アクセス状況を分析し、必要な対策をうち出せる人、社交的でどんどん協力者を巻き込んでいける人といった方々をメンバーに加え、チームで達成を目指しましょう。

仲間がいることで、プロジェクトの初動をよりダイナミックにすることが出来ます。

【公開前 STEP3】プロジェクト承認を報告!

プロジェクトが承認されたら、真っ先に「開始直後に協力してくれる仲間」に伝えましょう。ShootingStarからプロジェクトが承認された後、「公開ボタン」を押すのはあなたです。

プロジェクトを公開する日を決めたら、仲間に事前に報告し、「開始直後の応援」を改めてお願いしておきましょう。

【プロジェクト開始 STEP1】「拡散してください」とお願いしよう!

Woman at home is very excited about her laptop
 

いよいよプロジェクトが始まり、開始直後の応援に応じてくれた仲間5人には、Twitter、Facebook、ブログなどでの『情報拡散』もお願いしましょう。

まず最初にあなたを応援してくれるのはあなたの友だち。
あなたから頼まれたら断れない、という人もたくさんいることと思います。
まずは自分の友だちなど、関係が近い人にしっかりと趣旨を伝えて応援を呼びかけて下さい。

もちろんShootingStarもPRをサポートしますが、最初の30%は自分の友だちなどの内輪で集めるぞ!という覚悟で臨みましょう。

【プロジェクト開始 STEP2】プロジェクトはお祭りと心得る。目標1週間で30%!

米国の大手クラウドファンディングサイトindiegogoでは、「最初の1週間で目標の25%以上を集めると達成率は5倍に上がる」とアドバイスしています。
また「4人以上のチームは1人だけより70%多くの資金が調達できる」とも出ています。

いよいよ火ぶたを切ったプロジェクト。
最初の1週間で、目標金額30%超えを目指しましょう!

SNSをフル活用しよう

・こんなプロジェクトを立案しました。
・ギフトの一部を紹介します。
・只今達成度○○%!
・サポーター現在○○人!
・プロジェクト開始○日目!など。

同じ投稿を何度も行うのは気兼ねしますが、気軽にできるリツイートやいいね!を活用するとしつこい印象を与えずに済みます。また、情報拡散に励んでいると、プロジェクトオーナーであるあなたに質問や意見が届くこともあります。
その際は、出来るだけ早く返信することを心がけてください。SNSではファン作りを大切にしましょう。

【重要】支援の山場は2度やってくる。

プロジェクトの期間は最長90日まで設定可能ですが、データ上『30日以内』が最も多くの金額が集まっています。
長ければ長いほど良い、というわけではないのです。

そして、支援のピークは『2回』訪れます。
それは、最初の1週間と、最後の1週間。
開始直後に応援してくれる仲間5人には途中段階で近況報告するとともに、最終週で改めて『情報拡散』をお願いしましょう。

最後に

クラウドファンディングは「期間中少しずつ認知を高めながら、それに合わせて徐々に達成度も上がって行く」と、考える方は多いと思います。
しかしながら達成するプロジェクトのほとんどは、良いスタートダッシュを切っているのです。
初動を成功させるために、良いプロジェクトと5人の仲間を準備し、勢い良くプロジェクトが走り出せるよう計画立てましょう。

あなたの素晴らしいアイデアを実現させるためのコツとして、ぜひご活用ください。



WRITER この記事を書いた人
北野 啓太郎
WRITTEN BY
北野 啓太郎
音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在フリーランスとしてライター、映像編集などを行う。過去の経験を活かし、プロジェクト立案のコツ、成功者へのインタビューをおこなっていきたい。
このページのTOPへ