HOW TO
[ 2014.03.19 ]

達成率1000%!?超高額資金を集められた製品開発プロジェクトの成功に迫る


2b04170fdf6364a784b854cdeb9b48ed_large

製品開発のクラウドファンディングにおいて、目標金額を大幅に上回って成功したプロジェクトは数多く存在します。
様々な事例を見比べてみたところ、クリエイティブな発想力に長けた製品であることはもちろん、ユーザーにもきちんと刺さるプロジェクト作りが行われていることが分かりました。
そこで今回は、アメリカのクラウドファンディング「KickStarter」で1000%以上の達成率を収めたプロジェクトの成功要因を解析してみることにしましょう。
ご自身でプロジェクトを作るときの参考にしてくださいね。

まずは2つの事例をご紹介します。

家具の概念を一変!「The Floyd Leg」



https://www.kickstarter.com/projects/957579505/the-floyd-leg

ドア・流木・鏡といった“フラットな面”をもつ板ならば、どんなものでも机に出来るという『フロイドレッグ』。
女性でも簡単に設置できる上、自分の好きな大きさの机を瞬時に作り出すことができます。
開発した製品はテーブルの“脚のみ”にも関わらず、多大な支援を集めたこのプロジェクトは、ある意味クラウドファンディング業界を震撼させました。

8642c1007988e13651c817bf858137a8_large
作業スペースが欲しい時には部屋のドアを机に、友達が来た時には鏡をテーブルにして珈琲のおもてなし。
私(筆者)も思わず支援しそうになったこのプロジェクトは、1395人の支援者によって目標金額・18,000ドル(約185万円)の10倍以上の金額、256,272ドル(約2600万円)を集めました。

4本の脚で189ドルと決して安くはない値段ですが、1本からギフト設定されており、必要な本数だけ購入することが可能になっています。
商品の良さをわかってくれた人への配慮がされていますね。
紹介動画はキュートで分かりやすいだけでなく、開発者の雰囲気も上手に表現されていました。

どんなガラスも切れる!「C&C The Bottle Cutter」



https://www.kickstarter.com/projects/1968590924/candc-the-bottle-cutter

瓶を真っ直ぐ切るという、職人でなければできなそうなことをいとも簡単にやってくれるのが『C&Cボトルカッター』。
なんだ、たったのそれだけ? と思われそうですが、「こういうことも出来るんだ」「あれも作れるんだ」という、ユーザーの想像にするりと入り込んでくるイメージ写真が魅力的でした。

506e67956717e1ffebf4bff270987184_large
4468f38b07f96835c88e011e086297e4_large
グラスや花瓶、キャンドル、水槽、鉢植え、ランプ、灰皿。その汎用性に驚かされますね。
試作品などのラフ画も公開しており、試行錯誤を経て完成した製品です!というこだわりも伺えます。

そのオシャレさと手作り感が、カフェ好きやDIY好きのサポーターに響いているようです。
ギフトはもちろん製品そのもの。
通常1つ30ポンドで予約購入をできるのが、早期にサポーターになってくれた場合は25ポンドになるというお得な設定もしていました。

たとえDIYに興味がなくても、30ポンドという値段なら友人や家族へのギフトにもちょうどいいですよね。
めったに見かけない商品だけに、もらった相手もビックリして喜んでくれることでしょう。

こちらは現在進行形のプロジェクトで、締め切りは3月17日までとなっています。
6,000ポンドの目標額に対してすでに44,792ポンドが集まっています。支援者はすでに1,442人!
1000%の達成率が見えてきています。

ふたつのプロジェクトに共通する勝因

このように、目標金額を遥かに上回る支援を集められた製品開発プロジェクトには共通点がありました。

勝因1:商品情報の伝え方

冒頭で商品の特徴を1文で説明しています。
このページが何の目的のために作られたのかが一目瞭然なので、支援者が余計な情報に惑わされません。

勝因2:gifアニメーションを使ったわかりやすさ

どちらもgifアニメーションを使用し、パラパラ漫画の要領で製品の魅力を伝えています。
動画再生ボタンを押さずとも、自然に目に入るgifアニメーションを用いるのは効果的です。

bloggif_530c626d4a825

「フロイドレッグ」は女性でも簡単に扱えることを、

bloggif_530c6331918de

「C&C ボトルカッター」は製品がどのように動くかを紹介しています。
gifアニメーションは、WEBサイトやアプリケーションで簡単に作ることができます。
もちろん全て無料ですので、ぜひ自分のプロジェクトに取り入れてみましょう。

■GIFアニメ(アニメーション)作成 | バナー工房

画像をアップロードし、点滅感覚とループを設定するだけで出来ちゃいます。お手軽さは抜群!

■GIFPAL

海外のGIFアニメーション作成ソフト。パソコンに備え付けのWEBカメラと同期することも可能です。

■GIFBOOM

GIFを作成できるiPhone用のアプリケーション。
アプリ内でフィルター加工ができるので、オシャレなGIFアニメーションを作れちゃいます。

勝因3:商品と発案者の信頼性

製品の安全性はもちろん、製品を作るにあたり、その道のプロが発案したことを明記しています。
まるでその人物が友人のように感じる親しみやすい紹介に仕上げているのもポイントです。

「フロイドレッグ」では、動画の冒頭部分にミステイクを挟んでおり、プロジェクトオーナーがとてもチャーミングだという印象を与えています。
また「C&C ボトルカッター」のプロジェクトは、まず自分たちが誰であるかという紹介から始まり、開発における試行錯誤を余すことなく公開しています。

7b31d81a57ed8e466fdbe73605b610ab_large
57781f80d480f6de2dddef724ffe3a17_large
 

実際の図面などを見てみると、こだわり抜いた製品だとアピール出来ますよね。

勝因4:企画のスケジュールを明記

9b3a9e38c317fa782b2c4062893257ed_large
発案時期からプロジェクト達成後の発送時期まできちんと知らされています。
これによって支援者はいつ頃製品を入手できるのかを把握できます。

勝因5:製品を使った豊かな生活の暗示

83dc7d5c409346f622af22b813dc6c7e_large
この製品が手元にあれば、こんなこともあんなことも可能!という具体的な使用写真が多数掲載されていました。
見ているユーザーの生活に製品が馴染んでいく様子を、簡単にイメージすることができます。

勝因6:製品をギフトに設定

2a4390ab155429e0392cd08e29252b0e_large
製品の良さをわかりやすく説明して、「コレ欲しい!」と思った読者が、思わずクリックして支援者になってしまう製品がギフトになっていることが重要です。
「この金額でコレが手に入るなら……」という気持ちをぐっと掴んでいます。

勝因7:製品を選択できる

960087c4ad47c4254c1d67a29671fb0e_large
「フロイドレッグ」は特別に白バージョンを作り、「C&C ボトルカッター」はナチュラルなウッドカラーとブラウンを選べるようにしています。
色を選べることで嗜好性に訴えかけ、「私はこっちがいい」という積極的な支援につなげています。

こうしてみると、他のプロジェクトに比べ、モノづくりに関するクラウドファンディングでは、発案者の有名無名といった知名度は関係ないことは明白です。
制作者の商品に対するシンプルな愛情と、モノ作りに対する真摯な姿勢がうかがえる企画内容でした。

これなら多くの人が共感して支援したくなるのも理解できますね。
このように大成功した海外事例の工夫を参考にして、あなたもぜひプロジェクトを申請してみましょう。



WRITER この記事を書いた人
さとう 敬子
WRITTEN BY
さとう 敬子
ライター・編集者・翻訳家・アロマアドバイザー。内面から輝く”道徳美容“の提唱者。留学経験を活かした比較文化記事を書くうちにクラウドファンディングの面白さと可能性を知る。成功事例を発見しては楽しむ毎日。
このページのTOPへ