HOW TO
[ 2014.11.10 ]

クラウドファンディングを成功に導く、ブログ活用のすすめ




クラウドファンディングにおいて、プロジェクトの作り込みが大切なのは当然ですが、もうひとつ重要なことがあります。それは、適切なプロジェクトのプロモーション。どんなに素晴らしいプロジェクトだったとしても、多くの人に届けなければ日の目を見ることはありません。

プロモーション成功のコツは、プロジェクト開始前から知人・友人を巻き込み、「遂にプロジェクトスタート!」と盛り上がりを見せられるような事前の準備をしておくこと。クラウドファンディングでは、最初の1週間でいかに支援者を集めるかが目標金額達成のカギだと言われています。

そこで活用したいのが、プロジェクト専用のブログです。今回は、クラウドファンディングを成功に導くためのブログの活用術をご紹介します。

 

プロモーションは事前の準備が必須!

例えば、新型iPhoneが突然発表され、その日から発売されることはありませんよね。Appleは事前に関係者に対して、イベント開催の案内を送っています。

「何か新しい発表があるぞ!」と散々に世間の注目を集めたあと、会場では期待通りの新機種/新機能の発表。発表した情報の多くがメディアに取り上げられ、情報が世界中に伝わっていきます。新機種/新機能を待ち望んでいたファンは、発売日当日に向けて気分を高め、さらなる話題を生み出します。

こういった手法はAppleに限らず、様々な業界で行われています。無名の商品やサービスをリリースする際も、事前の準備は欠かせません。

 

プロジェクト開始前に情報をストックしよう


ShootingStarでプロジェクトを投稿する際も、事前の仕込みを行うと勢いあるスタートを切ることができるでしょう。様々なプロモーション方法がある中で、相性が良いのはブログです。

ブログには、開始前からプロジェクトの紹介や持ち続けた情熱、クラウドファンディングを始めるまでの準備報告などを書きましょう。情報をストックしていくことで、ブログに訪れたユーザーはいつでもどれでもあなたの言葉に触れることができます。SNSではフィードに流れてしまいますが、ブログはあなたのプロジェクトに興味を持ったらすぐにアクセスできるのが強みです。プロジェクトをスタートさせる前に情報発信を始めておきましょう。

この段階で目標としたいのはファンづくりです。あなたのファン、プロジェクトのファンになっていただき、プロジェクトスタート時だけでなく、開催中に注目して応援してもらうのが狙いです。

プロジェクト開始前、ブログに書いておきたいこと

  • あなたのプロフィール
  • プロジェクトを実現させたい理由、あなたの情熱
  • ShootingStarでプロジェクトを開始するまでの準備を紹介
  • プロジェクトに関連するニュースやコラム
 

ソーシャルバズも狙える「はてなブログ」がおすすめ

スキルや予算がある方は、独自ドメインを取得し、WordPressなどで自前のブログをつくりましょう。しかし、WEBに特化したプロジェクトでなければ、レンタルブログでも十分事足ります。

私(筆者)のおすすめは「はてなブログ」。はてなブログには、無料プランと月額1,008円(税込)の有料プランがあります。有料版は「広告が非表示になる」「独自ドメインが設定できる」などのメリットがあります。こだわりが無ければ、どちらでも問題ありません。

はてなブログは、日本で最も使われているソーシャルブックマーク「はてなブックマーク」と連携していているのが最大の魅力です。はてなブログで書いた記事は、はてなブックマークで話題になりやすいのが特徴。人気エントリー一覧に入れば、1日で数千から数万単位のアクセス数を得られます。

はてなブックマークで話題になった記事は、TwitterなどのSNSでも拡散され、Gunosyやスマートニュースといったキュレーションアプリへ掲載される可能性も高くなります。

はてなブログは、他のブログサービスと比べて大量のアクセス流入=ソーシャルバズがしやすいブログと言えるでしょう。ただし当然のことながら、ブログの記事自体が面白くないと話題にはなりません。ブログ本文に加え、気になる記事タイトルやアイキャチ画像など、話題にされやすい記事づくりを心がけましょう。

関連リンク

 

SEOの観点からもブログはおすすめ


ブログ運営は「検索であなたのプロジェクトを知る」という布石にもなります。

ブログを始めてすぐに効果が発揮されるわけではありませんが、しばらく運営を続けていると、Google や Yahoo! の検索結果にあなたのブログ記事が表示されるようになります。上述したソーシャルバズは、一時的に大量のアクセスがあるものの、数時間〜数日で収まってしまいます。しかし、検索経由でのアクセスは、爆発的ではなくても長期間に渡ってアクセスを集めることができます。

ユーザーはキーワードを入力して検索しているので、ブログ記事に興味を持ってアクセスしてもらえる可能性が高く、あなたのプロジェクトを知ってもらう良いきっかけとなるでしょう。

 

さいごに

ブログの活用は、クラウドファンディングの目標達成の力になってくれるばかりではありません。プロジェクトの進行具合を時間軸で見られるため、あなたの活動をより理解してもらいやすくなります。もちろん資金調達に成功したあとも、ブログは引き続き活用していくことで、多くのファンを得られるでしょう。

ブログで記事を書くのは手間ではありますが、まず損することはありません。SNSだけに頼るのではなく、ぜひブログも活用してみてください。



WRITER この記事を書いた人
北野 啓太郎
WRITTEN BY
北野 啓太郎
音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在フリーランスとしてライター、映像編集などを行う。過去の経験を活かし、プロジェクト立案のコツ、成功者へのインタビューをおこなっていきたい。
このページのTOPへ