HOW TO
[ 2014.09.05 ]

クラウドファンディングでは、自分のチャレンジがいかに有意義なものかアピールしよう


有意義なものかアピール

クラウドファンディングは、自分が挑戦したいプロジェクトを提案する場です。自分がどういう人間で、何をやりたくて、どの程度の資金が必要なのかを詳らかに示すことが求められます。
しかし、単に自分の熱意を述べるだけでは支援は集まりにくいでしょう。プロジェクトを見てくれた人の興味を引き、実際にプロジェクトを支援してもらうためには、やはりそのプロジェクト自体が有意義なものであることが重要になってきます

今回は、有意義なプロジェクトとはどういうものかを見ていきましょう。

有意義なプロジェクトとは?


有意義なプロジェクトにはポイントがあります。
例えば、「世界初」、「日本最大」、「世界記録に挑戦」といった目新しい挑戦であること。世界初とか日本初といったプロジェクトは、それ自体が価値ある試みですので、ユーザーも「応援したい!」と思うことでしょう。

このような社会的意義があなたのプロジェクトに含まれているかがポイントとなります。まずは自分のプロジェクトを見直し、社会にどんな良い影響をもたらすのかを確認しましょう。


有意義なプロジェクトの例(1)

140701yuuigi1
まずは家入一真氏が都知事選に立候補したプロジェクトです。

【日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!!

プロジェクトのタイトルにも入っている通り、クラウドファンディングで選挙に立候補することは日本で初めての試みです。プロジェクト詳細ページにも、「日本ではまだ前例のない、クラウドファンディングでの出馬。ぼくが始めることで、今後お金の無い人だって選挙に出られるかもしれない。いろんな人が今よりハードルを感じることなく、政治に参加してみることができるかもしれない。そう思い、立ち上がってみました。」と書かれています。

家入氏は今回の出馬について、「この国の、遠い政治を少しでも変えていきたい。そう考えたとき、『インターネットを政治に近づけていくこと』が、答えのひとつになるんじゃないかと思いました。」と語っています。インターネットによる選挙資金調達は、単なる目新しい挑戦ではなく、インターネットと政治を近づけるという「社会的意義」があることも示されていますね


有意義なプロジェクトの例(2)

140701yuuigi2

次はエヴァレーシングの例をご紹介します。

エヴァレーシング、真夏の祭典“鈴鹿8耐”でワークスチームを倒し、表彰台を勝ち獲りたい!

エヴァレーシングは、もともと「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」のプロモーションタイアップとして発足しました。5年目となる2014年1月にいったんはその役割を終えましたが、未だ日本モータースポーツの課題は残ったまま。
このプロジェクトは、次世代のファンを拡大し、改めてモータースポーツの世界に新風を起こすべく、鈴鹿8時間耐久ロードレース(鈴鹿8耐)への参戦費用を集めるために立ち上げられました。

エヴァレーシングチームはプライベートチームです。自社が開発したマシンを使用して参戦する「ワークスチーム」とは情報量も資金も劣るため、劣勢を強いられることが予想されていました。プロジェクトオーナーは、そんな常識を打ち破りたいという野望を掲げ、クラウドファンディングに挑戦したそう。これは支援者にとっても日本のモータースポーツ業界にとっても「有意義な挑戦」と言えます。


有意義なプロジェクトの例(3)

140701yuuigi3
最後に、続いてのプロジェクトは、アメリカンフットボールのスポンサーを募集するプロジェクトを紹介します。

チーム存続の危機!アメフトチームBULLSと共に今シーズン戦ってくださるスポンサー大募集!

プロジェクトオーナーである「BULLSフットボールクラブ(BULLS)」は、クラブの運営資金集めに苦労しており、今シーズンの存続も危うい状況でした。そこで、クラウドファンディングで活動資金を集めることにしたのがこのプロジェクトです。

BULLSの活動内容の中には、「フラッグフットボール」というタックルのないフットボールを通した、子どもたちとの触れ合いがあります。これはアメリカンフットボールの啓発だけではなく、多くの子どもたちにスポーツの楽しさ、チームワーク、相手を思いやる気持ちなどを育んでもらいたいという想いから始まったそう。まさに社会的意義のある、将来の世代への「投資」と言えるでしょう。

BULLSだけでなく、日本の多くのスポーツクラブは資金集めに苦労しています。それはプロ野球チームやプロサッカーチームを見ても明らかでしょう。
そのような中で、クラウドファンディングという新しい仕組みを利用した手法は、今後ほかのスポーツチームに波及していく可能性があります。そういった意味でも、この挑戦は有意義なものと言えます。


まとめ

これらの挑戦は、単に「クラウドファンディングでの資金調達」という新奇性だけではなく、様々な社会的意義を含めたプロジェクトだと言えます。
プロジェクトがいかに有意義であるかをアピールすることで、「誰かを支援したい」というクラウドファンディングの積極的なユーザーだけではなく、「何か面白いプロジェクトはあるかな?」とたまたま見に来た人にも支援の輪を広めることができます

クラウドファンディングに挑戦する際は、あなたのプロジェクトが持つ社会的意義をユーザーに伝えることが大切です。多くのユーザーの共感を得るために、あなたのプロジェクトの社会的意義をタイトルやプロジェクト詳細ページにきちんと示しましょう。



WRITER この記事を書いた人
安齋慎平
WRITTEN BY
安齋慎平
ブロガー・ライター・編集者。 テック系ライターからスタートし、 現在は時事ネタ、エンタメ、IT系ニュースなどを担当する。 大学時代に永平寺に座禅の修行に行ったり、 土日休みを利用して沖縄に旅行に行ったりと、無駄にフットワークが軽い。
このページのTOPへ