HOW TO
[ 2014.09.03 ]

シューティングスターの事例から学ぶ!心を掴むクラウドファンディングの動画とは


動画撮影

クラウドファンディングにおいて、動画を用いて企画内容を伝えるのはとても有効です。ユーザーに再生ボタンを押してもらうアクションと数分間の集中を求めることになりますが、一度見てもらえば、文章や写真を超えたインパクトと理解を与えられるでしょう。

しかし動画と一言で言えど、効果的なものを用意しなければ逆にユーザーの心を離してしまうことも…。
今回は、シューティングスターの事例を見ながら、心を掴む動画のポイントを探ってみましょう。

 

元NHK堀潤も協力!誰もが無料で二次利用できる戦争体験者インタビューアーカイブを作りたい。

元NHK堀潤も協力!誰もが無料で二次利用できる戦争体験者インタビューアーカイブを作りたい。
 

元NHKアナウンサー堀潤氏による、戦争体験者のインタビューアーカイブのサイト制作プロジェクト。太平洋戦争から約70年を迎え、失われつつある戦争体験者の声を残すことを目的にしています。

 

MOVIE

元NHK堀潤も協力!誰もが無料で二次利用できる戦争体験者インタビューアーカイブを作りたい。
「そのときなにがあったのか?」という胸に響くメッセージから動画がスタート。

元NHK堀潤も協力!誰もが無料で二次利用できる戦争体験者インタビューアーカイブを作りたい。
満州に取り残され、命がけの1年2ヶ月を過ごした90歳の女優・赤木春恵さんが登場します。

“小銃をもったソ連の兵隊が、ドアを叩いて開けないとダダダダダダッと撃つんです、扉を。みんなで頭に白粉を塗って白髪に見せかけて、お婆さんの扮装をして。扉を開けると「汚い、ダメだ」と言って、どうにか命を救われるんです。”

リアルな戦争体験のインタビューの一部が、1分少し流れます。

元NHK堀潤も協力!誰もが無料で二次利用できる戦争体験者インタビューアーカイブを作りたい。
プロジェクトオーナーの堀潤氏が自ら登場し、「戦争体験者アーカイブ」の必要性を真摯に語ります。

 

ポイント

動画はテレビ番組の予告編や、ショートドキュメンタリー風な仕上がり(全2分28秒)。壮絶な戦争体験インタビューは、プロジェクトページの文章を読むより大きなインパクトがありました。冒頭にプロジェクトのキャッチコピーのような文言を打ち出すのも、ひとつの心を掴む工夫と言えます。

#関連リンク
元NHK堀潤も協力!誰もが無料で二次利用できる戦争体験者インタビューアーカイブを作りたい

 

こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる!

こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる!
 

3.11東日本大震災で壊滅的な被害を受けた石巻市雄勝町。この町の高台で2001年前に閉校した学校を再生し、『新しい学び場』にするプロジェクトです。

 

MOVIE

こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる!
大勢が円陣を組む場面から動画がはじまります。

こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる!
学校復興のために作業を行っている様子が、2〜3秒前後で次々と場面が切り替わります。

こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる!
「外から来る人と、地元の人が一緒になって取り組む姿っていうのは」「若者とか子どもが来てくれればにぎやかになるし」「完成すると新築にしなかった事の良さっていうのが」…。関係者の学校再生プロジェクトに掛ける熱い声がまとめられていました。

 

ポイント

人々の姿から、躍動感や雄勝を愛する気持ちを伝えられているのが最大のポイントと言えるでしょう。文章や写真だけではわからなかった空気感が詰まっています。テンポも良く、最後まで見入ってしまうほど上手に編集されていました。(全2分1秒)

#関連リンク
こどもたちの教育、おとなたちの交流。全国と世界から人が集まる学校と日本一元気な町をつくる!

 

バッテリーから熱狂カルチャーを創る!新発想ペットボトル型バッテリーでスマートライフ革命を!

バッテリーから熱狂カルチャーを創る!新発想ペットボトル型バッテリーでスマートライフ革命を!
 

様々なアウトドアシーンで活用できる、amidusによる持ち運べるペットボトル型バッテリーの開発プロジェクトです。

 

MOVIE

バッテリーから熱狂カルチャーを創る!新発想ペットボトル型バッテリーでスマートライフ革命を! バッテリーから熱狂カルチャーを創る!新発想ペットボトル型バッテリーでスマートライフ革命を! バッテリーから熱狂カルチャーを創る!新発想ペットボトル型バッテリーでスマートライフ革命を!
動画には、製品を様々なシーンで活用している場面が登場します。映像と音のみで構成され、会話や字幕は一切ありません。

 

ポイント

ペットボトル型という特性を活かし、バッグやホルダーなどペットボトルが入る様々な場所に収まる様子を紹介しています。活用例を見る事で「自分も使ってみたい!」と喚起されることでしょう。(全2分0秒)

#関連リンク
バッテリーから熱狂カルチャーを創る!新発想ペットボトル型バッテリーでスマートライフ革命を!

 

最後に

ここで紹介した動画は、2〜3分で完結にプロジェクトの魅力をしっかりと伝えていました。高価な撮影機材や高度な編集技術がなくても、アイデア次第で魅力的な動画制作はできます。あなたがクラウドファンディングに挑戦する際は、ぜひ動画も用意してみましょう。

ただし映像のクオリティーを求める場合は、プロに依頼するのも方法です。気になる方は、ぜひ問い合わせてみてください。

参考サイト(映像制作会社)

WOOD’S OFFICE / ウッドオフィス株式会社
連絡先
ウッドオフィス株式会社 担当 浜田
電話: 03-6402-1223
メール:wo-creative@w-o.jp

関連リンク



WRITER この記事を書いた人
北野 啓太郎
WRITTEN BY
北野 啓太郎
音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在フリーランスとしてライター、映像編集などを行う。過去の経験を活かし、プロジェクト立案のコツ、成功者へのインタビューをおこなっていきたい。
このページのTOPへ