COLUMN
[ 2014.03.11 ]

クラウドファンディングで叶えた夢!ソチ五輪ボブスレー・チームのチャレンジ


Cool Runnings 2

2014年ソチ冬季オリンピックの舞台裏で、クラウドファンディングの活躍がありました。
たった4日間で13万ドル(約1,300万円)を超える資金を集めた海外の事例を紹介します。

資金難にあえいでいた、ジャマイカ・ボブスレー・チーム

1993年の大ヒット映画「クール・ランニング」をご存知でしょうか。
雪を見たことがない南国ジャマイカのボブスレー・チームが、冬季カルガリー・オリンピックに向けて奮闘する実話をもとに描かれた映画です。

そんなジャマイカのボブスレー・チームが、12年ぶりに冬季オリンピックへの出場を決め、海外のメディアも「クール・ランニング2の実現だ!」と沸きました。

しかし、彼らにはオリンピックへ出場するためのソリ代やトレーニング費などの資金が足りなかったのです。
選手が私財を投げ打っても、あと800万円ほど不足している状況でした。

ジャマイカは経済的に貧しい国です。
電気や水道といったインフラでさえも、日本のようにきちんと整備されておらず、失業率は2桁台、強盗や殺人などの犯罪も多数起きるような国です。
オリンピックに出場するのは簡単なことではありません。

選手達は自伝を販売したり、ペイパル経由で寄付を募ったりしていましたが、なかなか必要な資金すべては集まりませんでした。

クラウドファンディングで、資金調達成功!

スクリーンショット-2014-02-23-18.00.13
Help the Jamaican Bobsled team get to Sochi!

そんな中、映画「クール・ランニング」のモデルとなった、1988年カルガリー冬季オリンピックへ出場した選手のひとりであるデボン氏が立ち上がりました。
ジャマイカ・ボブスレー・チームがソチへ行けるよう助けてください! と、クラウドファンディングに投稿したのです。

この呼びかけに対し、たった4日間で目標額の8万ドル(約800万円)を上回る、約13万ドル(約1,300万円)の資金が集まりました。
15ドル以上の支援をした方には、「COOL RUNNING 2」と描かれた特製Tシャツのギフトが用意されていました。

ですがサポーター達にとっては、ジャマイカ・ボブスレー・チームがオリンピックで活躍している姿をみることこそが、最高のギフトに違いありません。

ShootingStarのスポーツ関連プロジェクト

ShootingStarでも、スポーツに関するプロジェクトが行われました。

チーム存続の危機!アメフトチームBULLSと共に今シーズン戦ってくださるスポンサー大募集!

スクリーンショット-2014-02-23-17.57.08
http://shootingstar.jp/projects/311

スポンサー変更にともなう資金不足により部の存続が危ぶまれ、運営費の支援を呼びかけ、349万円の資金調達に成功しました。

元プロ野球選手 古田敦也の出張野球教室を福島県郡山市で実現したい!

スクリーンショット-2014-02-23-18.29.20
http://shootingstar.jp/projects/292

古田敦也さんによる「福島の未来を担う子ども達に、野球教えに行きたい」というプロジェクトで資金調達に成功しました。

ソチに行きたい!資金難に苦しむソチ・パラ五輪取材カメラマン・チームのスポンサー大募集!

スクリーンショット-2014-02-23-18.29.10
http://shootingstar.jp/projects/75

先日目標金額に到達したプロジェクト。
ソチ・パラリンピックへの取材を望むカメラマン・チームが資金援助を求めています。

今回はスポーツの事例を紹介しましたが、クラウドファンディングは様々な業界で活用されています。
ShootingStarではカテゴリー別にプロジェクトを見る事もできますので、ぜひどんな分野でプロジェクトが行われているのかチェックしてみてください。



WRITER この記事を書いた人
北野 啓太郎
WRITTEN BY
北野 啓太郎
音楽系ウェブマガジン編集長を経歴し、現在フリーランスとしてライター、映像編集などを行う。過去の経験を活かし、プロジェクト立案のコツ、成功者へのインタビューをおこなっていきたい。
このページのTOPへ