HOW TO
[ 2014.06.18 ]

プロジェクトの魅力を明確に!クラウドファンディングで有効なセールスポイント5パターン


クラウドファンディング_セールスポイント

多くの人の興味を引き、プロジェクトを支援してもらうためには、プロジェクトの魅力(=セールスポイント)を明確にする必要があります。この部分がしっかりしていれば、自ずとタイトル作りやギフト設定もスムーズに進むでしょう。

クラウドファンディングにおけるセールスポイントは、主に5つのカテゴリーにまとめられます。

1.社会的意義がある
2.新奇性(「国内初!」「世界初!」など)がある
3.知的好奇心をくすぐる
4.関係者に知名度がある
5.ギフトが魅力的である


これらをすべて満たす必要はありませんが、満たすものが多ければ多いほどクラウドファンディングに成功する確率は高くなります。

今回は、実際にShootingStarの成功事例を見ながら、それぞれのセールスポイントを探してみましょう。

成功しているクラウドファンディングの例

1.社会的意義がある

本気で遊ぶ仲間募集!素敵な古民家を、中島デコ、エバレットブラウンと一緒に創りませんか!?
<成功事例>
本気で遊ぶ仲間募集!素敵な古民家を、中島デコ、エバレットブラウンと一緒に創りませんか!?

古民家を改装し、「大人も子供も本気で遊べる場所」を作る、というプロジェクトです。知的好奇心をくすぐるような「素敵な古民家」の理想像を語っていたり、少額でもオリーブオイルのギフトが設定されているのが嬉しいですね。取り壊されそうな築200年の古民家を有効利用しよう、という社会的意義が強く見られます。

2.新奇性(「国内初!」「世界初!」など)がある

日本初!満島ひかり出演の子ども映画、小学生全員無料!_全ての子どもに観て欲しい♥___クラウドファンディングサイト_-_ShootingStar(シューティングスター)
<成功事例>
日本初!満島ひかり出演の子ども映画、小学生全員無料! 全ての子どもに観て欲しい♥

子どもにもっと映画を好きになってもらうため、小学生に無料で映画を公開したい、というこのプロジェクト。タイトルに「日本初」とある通り、プロジェクトに新奇性があります。また「子どもたちに映画をプレゼントする」という社会的意義、「満島ひかり」という知名度のある女優の名前などを全面に出しているのもポイントです。

3.知的好奇心をくすぐる

元NHKアナ堀潤の新チャレンジ「みんなの取材資金と技術を支えるニュースメディアつくります」
<成功事例>
元NHKアナ堀潤の新チャレンジ「みんなの取材資金と技術を支えるニュースメディアつくります」

元NHKアナウンサーの堀潤さんが、情報の受信者だった一人一人が社会変革への参加者になれるサイト「8bitNews」を作るというプロジェクト。「誰もが社会変革への参加者になれる」という点が知的好奇心をくすぐられます。

4. 関係者に知名度がある

【日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!!
<成功事例>
【日本初】クラウドファンディングで選挙に立候補!ぼくらの力で政治の常識をひっくり返そう!!

起業家・家入一真氏が都知事選に立候補するというプロジェクトです。「日本初」「クラウドファンディングで選挙に立候補する」という新奇性に加え、このプロジェクトは、家入氏自身の知名度が高いのが成功要因と言えそうです。元ライブドア社長・堀江隆文氏や、お笑い芸人・田村淳氏などが支援者になっていることも、セールスポイントとなるでしょう。

5.ギフトが魅力的である

エヴァレーシング、真夏の祭典“鈴鹿8耐”でワークスチームを倒し、表彰台を勝ち獲りたい!___クラウドファンディングサイト_-_ShootingStar(シューティングスター)
<成功事例>
エヴァレーシング、真夏の祭典“鈴鹿8耐”でワークスチームを倒し、表彰台を勝ち獲りたい!

『ヱヴァンゲリヲン新劇場版』とのプロモーションタイアップとして発足した、レーシングチームを応援するプロジェクトです。
何と言っても、ファンにはたまらないギフトが魅力的でしょう。エヴァ好きにもレーシング好きにも刺さるようなグッズが低額から並んでいます。

 

まとめ

成功するプロジェクトというのは、このようにそれぞれ訴求すべきポイントを押さえています。あなたのプロジェクトは、上記の5つの「クラウドファンディングに成功するために必要なセールスポイント」のいずれかを満たしているでしょうか?

プロジェクトを作成する前に、一度これらのポイントを見直してみましょう。加えられそうな要素があれば、今一度プロジェクト全体を見直すのもひとつの手です。



WRITER この記事を書いた人
安齋慎平
WRITTEN BY
安齋慎平
ブロガー・ライター・編集者。 テック系ライターからスタートし、 現在は時事ネタ、エンタメ、IT系ニュースなどを担当する。 大学時代に永平寺に座禅の修行に行ったり、 土日休みを利用して沖縄に旅行に行ったりと、無駄にフットワークが軽い。
このページのTOPへ